業種別ペライチLP事例集を紹介

まず最初に自分の力でペライチを使ってLP(ランディングページ)を作るにしても、セールスライティングやデザインを学び、最初から作り込むのは難しいです。なので競合他社や類事業者が作っているLPを参考にして、良いところを自身のペライチにも反映させる方が楽です。そのためにも、ペライチ兵庫県認定サポーターの藤田が『デザイン』か『セールスライティグ』で参考になると思ったLPをご紹介します。

当社もペライチでLP制作をしますが
最初の段階で複数のLPを参考材料にしてから
全体図を作る
様にしています。
※ペライチ以外のLPも参考にしてます。

目次

整体院・治療院ペライチLP事例

エステ・サロン系ペライチLP事例

飲食店ーペライチLP事例

コンサル・コーチ系ーペライチLP事例

物販系ーペライチLP事例

イベント系ーペライチLP事例

スクール・ジム系ーペライチLP事例

オンラインサロン・コミュニティ系ーペライチLP事例

その他ーペライチLP事例

ペライチを使って自分でLPは作るべき?

LPの役割は集客にあります。100人見たら、何人が行動するか?と言う成約率を高める必要があります。見た目上では良いLPにできたとしても集客できなければ意味がありません。なので予算がない場合は、ご自身で作られると良いですが10万円ほど予算があるならプロに任せてペライチLPを作ってもらうと良いです。

その納品されたペライチLPを元に、今後自分がペライチLPを複製したり編集する方が効率が良いです。

格安でペライチLPを依頼するべきか

求めているクオリティと作業量によってペライチLP制作料金は変わります。ペライチに関する相場観で言うと以下の通りです。(2022/6現在)

制作費内容
1万円文章や画像の用意は自分自身、ペライチへの反映や調整のみしてもらえれるケースが多い。
6万円(多い)文章や画像の用意は自分自身、デザインやライティングの調整が入るケースも多い。
10万円代セールスライティング、SEO対策、CSS編集などの特殊なサポートが入るケースが多い。
20〜30万円代フルカスタムデザイン設計やセールスライティングなど高クオリティの内容になる。

ITに疎くてペライチを使っても、自作でホームページを作るのが困難な方はココナラで格安で依頼するのも良いです。

安定した質と制作者との密な連携をしたい方は、ペライチサポーターさんに6万円前後で依頼すると良いです。

集客をしっかりしていきたい人は、それ以上の予算の制作者に依頼することになります。ただペライチLPに限らず、LPというのはヒートマップを使い改善することを前提に考えた方が良いです。

なので高額で自分で後から編集することが難しい、CSSなどを多数編集することはお勧めしていません。

簡単に変更できないと
柔軟に顧客のニーズに対応できないので
自分が編集できる範囲での制作依頼がおすすめです。
変更する度に、追加料金が発生しなくて済みます。

自作でペライチLPを作ることも含めて、ご自身にとってどの形が最良か?考えてみてください。

集客に強いホームページ作成
メルマガ購読のご案内
  • 集客に関する無料セミナーのご案内
  • おすすめ記事・新記事の紹介
  • 記事などの公開の場では言えない裏技

などお役に立てるコンテンツを配信してますので、メルマガ購読してお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる